いつ引っ越すのがいいのか?

引越しの日取りを決める時になるべく引越業者が忙しくない時期を選ぶと
引越料金を安くすることができると言われていますが、細かく言うなら
2月3月といった繁忙期を避けて予定を組むのがいいでしょう。もし
大幅に時期を変更することが困難な場合には一週間の中でも曜日をずらす
ことで引越し料金が多少は安くなることがあるようです。基本的には休日
よりも平日のほうが引越料金が安くなることが多いようです。休日といっても
土曜日よりは日曜日のほうが料金が安くなったりします。このように日にちを
ずらして引越料金を少しでも安くする努力は必要になるでしょう。曜日だけでに
目が行きがちですが基本的な考えは他の人が引越しをしようと思っている日は
なるべく避けるという考えがあるわけです。引越しをする人の中には
六曜を気にしている人もいるでしょう。六曜と言うと大安とか仏滅とか
に分かれているものです。多くの人は大安の日が縁起がいいということで
引越しをしようとするのでその逆をいって仏滅の日は引越しをしようと
思っている人は少ないようです。こういったことをあまり気にしない人は
あえて仏滅の日を狙って引越しをするのは一つの方法かもしれませんね。
知り合いはマイホームを購入したそうですが住宅ローンの支払いが厳しい上に
離婚までして今後どうしようか途方に暮れていました。
やっぱり先のことを考えないと住宅ローンはリスクが大きいですよね。
関連:住宅ローンがきつい!売却せずにできる対策